クラブ・施設紹介
クラブ紹介
開 場 昭和51年10月10日
コース所在地 〒010-0122
秋田県秋田市金足吉田字浅田1-1
経 営 株式会社 南秋田カントリークラブ
コース 6939ヤード パー72   コースレート73.2
コース設計・施工 鞄結梹ナ生設計部  鈴木 利夫 
ハウス設計 潟戟[モンド設計事務所 
ハウス施工 戸田建設
理事長 辻 昌子
代表・総支配人 田村 和男
支配人 田村  充
グリーンキーパー 二田 健二
キャディマスター 田村 信紀
会員権の内容 預託金制で譲渡可
会員名簿 平成3年発行済
加盟団体 日本ゴルフ協会 東北ゴルフ連盟 
秋田県ゴルフ連盟



南秋田カントリークラブの歴史
昭和47年 11月24日 会社設立
昭和48年 用地100%買収、工事着工
昭和49年 工事進行
昭和50年 クラブハウス着工、南秋だより第1号発刊
昭和51年 第1回理事会開催

相談役   中安 正衛氏
理事長   田村 鉦次郎
副理事長
 石井 雄光氏
理 事   青山 忍氏   佐藤 卯兵衛氏
       杉村 幸一氏  辻  昌子氏
       藤本 篤男氏  宮崎 金一氏
       田村 和男 に決まる

10月10日 県内9番目のゴルフ場として開場
昭和52年 初の年間営業 入場者数17,175名
昭和53年 クラブ競技会始まる(月例杯等)
昭和54年 東北ゴルフ連盟コースレート決定
初代クラブチャンピオン 鈴木大仙氏
初代理事長杯優勝 杉山真雄氏
昭和55年 秋田県クラブ対抗(男鹿GC)初優勝
昭和56年 南秋田CC主催 秋田県チャンピオンズゴルフ選手権(後に秋田県チャンピオンズゴルフ
大会)を秋田県ゴルフ界の振興を目的として開催 平成19年まで続く
昭和57年 入場者数25,866名
昭和58年 プロゴルファー 天野勝氏と契約
昭和59年 初の秋田県ゴルフ連盟主催競技を担当
(秋田県クラブ対抗 兼 東北クラブ対抗 秋田県予選)
昭和60年 入場者数26,987名 オープン以来最高
昭和61年 開場10周年を迎え玄関前ロータリーに記念碑を建立
昭和62年 秋田テレビ主催LPGAツアー 東北クイーンズゴルフ開催
優勝 鈴木志保美プロ
昭和63年 引き続き東北クイーンズゴルフ開催
優勝 小田美岐プロ
秋田県初の電磁誘導カート導入
LPGAツアーの開催やカート導入によりゴルフ場の知名度を上げる
平成元年 入場者数 35,174名
理事 青山忍氏 逝去
平成2年 入場者数が過去最高の40,954名を達成
アフターゴルフを楽しく「ナイトイン南秋田」を開催
ゴルフ・食事・音楽を楽しむ又、直営となったレストランスタッフのモチベーションアッ
プをはかることを目的とした 以後10年間続く
平成3年 第76回日本アマチュアゴルフ選手権(筑波CC)に鈴木大仙氏、根岸均氏が当クラブより
出場、1クラブから2名の出場は南秋田だけと.関係者よりお褒めの言葉をいただく
平成4年 ブラインドホールだった1ホールの大改造、併せて練習場も改修
平成5年 bS・5ホールの茶屋の改修
平成6年 初の東北ゴルフ連盟主催競技を担当(東北クラブ対抗)
県道からの入り口にシンボルとなる看板を設置
野芝のフェアウェイが「緑」になるのが遅くカバーする為に洋芝を播種、鮮やかな「緑」が
好評となる
平成7年 東北クラブ対抗(表蔵王国際GC) 初優勝
 鈴木大仙氏・樋口昇二氏・高松浩二氏
 丸野内仁氏・安達幸則氏・根岸均氏

理事 宮崎金一氏 逝去

開場20周年を迎え各記念行事を開催
東北6県よりゴルフ場関係者多数来場
ハウス前にヤマボウシ・ヤマモミジ・
サラサドウダンを植樹
会員による記念植樹(bSグリーン後)
平成8年 東北クラブ対抗(福島石川CC) 連続優勝
平成9年 玄関、ロビー、フロントの改築と懸案であった
女子洗面・トイレ・ロッカールーム・脱衣室・
風呂場の新築

第19回日本グランドシニア選手権(取手国際CC)
3位入賞 奈良良直氏

7月の台風とフェーン現象、その他記録的長雨によ
りフェアウェイの洋芝が枯死、ベースにあった野芝
のみとなる

理事 佐藤卯兵衛氏 逝去
平成10年 県内初の電磁誘導5人乗りカート導入により入場者数増加
フェアウェイの悪い所に野芝を張る
平成11年 19年秋田わか杉国体少年男子会場に決定
県内初のポイントカードサービスを採用
相談役 中安正衛氏 逝去  理事 杉村幸一氏 逝去
平成12年 秋田県クラブ対抗(羽後CC) 4連覇達成 7度目のV
平成13年 東北クラブ対抗(夏泊GL) 3度目のV
野芝の補充、芝張終了
平成14年 当クラブで開催された第37回東北アマチュアゴル
フ選手権ベストコンディションで大成功を収め、後
の東北大会のコースセッティングに好影響を与える

障がい者・18歳未満・70歳以上の利用税免除制度
が決まる
平成15年 JGAハンディキャップ制定
雪がなく1月5日プレーが出来る
度重なる台風の上陸で200本を超える樹木が倒れる
コースレート再査定を受ける
副理事長 石井雄光氏 逝去
平成18年 開場30周年を迎え記念植樹を行う
第62回国民体育大会ゴルフ競技リハーサル大会として東北ジュニア選手権を開催
優勝 森本雄氏 (東北高校1年)
同氏は2015年JGTO南秋田CCチャレンジトーナメントで優勝
平成19年 秋田わか杉国体少年男子競技が大成功に終わり、
国体記念碑を建立
現松山英樹プロが高知県代表として出場
スコアは2アンダー

第14回日本グランドシニア選手権(小金井CC)
第3位入賞 浜久晃氏
平成20年 キャディ不足が深刻化
秋田県クラブ対抗(男鹿GC)10度目のV達成
平成21年 セルフ化が進む
入場者数25,023名
平成22年 マナーアップを目標として理事・委員より不足しているバンカーレーキを寄贈される
平成23年 プレー料金の値引きが進む
平成24年 秋田県初のJGTO公式競技「秋田テレビ・南秋田
CC・JGTOチャレンジT」を開催
平成25年 引き続き「秋田テレビ・南秋田CC・JGTOチャレン
ジT」を開催 コースコンディションが好評を得る

秋田県クラブ対抗開催(南秋田CC)
5年ぶり11度目のVを達成
平成26年 創業者当クラブ理事長 田村鉦次郎氏 逝去(享年
94歳)

3回目の「秋田テレビ・南秋田CCチュレンジトー
ナメント」を開催
平成27年 新理事長に開場以来理事を務める辻昌子氏就任
入場者数は平成13年以来の29,689名を達成
コースコンディション、接客が好評を得る
暖冬、温暖化により営業日数が増える
4回目の「南秋田CCチャレンジトーナメント」を開催



施設紹介
練習場 250ヤード 18打席 料金
練習グリーン グリーン2、内アプローチ1 
コンペルーム 3室+VIPルーム・収容100名
乗用カート ヤマハ製5人乗りリモコンカート
シューズ スパイク可
宅急便 クロネコヤマト・ゆうパック

ロビー・フロント レストラン
秋田杉の爽やかな香りとぬくもりが広がるクラブハウスには、
プレイヤーの心を和ませる上質のくつろぎが満ちています。
レストランをはじめパーティールームやVIPルームを用意し、
ラウンドを終えたプレイヤーをやさしくお迎えいたします。

VIPルーム コンペルーム
クラブハウス玄関 クラブハウス遠景
男子ロッカールーム 男子浴室


心にのこる18ホール
南秋田カントリークラブ

〒010-0122 秋田県秋田市金足吉田字浅田1-1
TEL 018-873-3824 / FAX 018-873-5940